石油輸送・タンクローリー車

indexへ

切手に描かれた石油輸送のタンクローリー車を紹介します
タンク・ローリーは、石油製品の運送や化学薬品、清酒、牛乳などの食品など液体輸送に使用されます。石油製品は油層所や製油所から比較的近くの需要家や給油所、LPガス充填所などへ石油製品をバルク(中身)輸送するために使用されます。
最近では、高速道路の整備、石油タンクローリーの大型化により、中・長距離の輸送にも使われます。
街中でよく見かけ石油製品を身近に感じます。
日本では、消防法上からの分類は「移動タンク貯蔵所」と規定されています。
大きさは2`g積みの小型から20`gの超大型まであります。
タンク構造は石油の動揺を防ぐ為に2`gずつに防波板により仕切りされています。
また、16`g以上は、トレーラー型式になっています。

タンクローリ 1タンクローリ2 タンクローリー3 タンクローリー4
1975 ルーマニア
タンクローリー
1997 インドネシア
油層所に積み込み待機中のタンクローリー
1990 タイランド
油層所で積み込み中の
タンクローリー
1971 ドバイ
ドバイ空港のシェル石油の
航空燃料タンクローリー
タンクローリー5 タンクローリー6 タンクローリー7
1980 ジブチ
空港に横付けされているシェル石油タンク前ののタンクローリー。
このように小さく描かれているのを見つけるのも楽しみである。
1974インドネシア
油層所の軽量機と
タンクローリー
1990 レソト
輸送中のモービル石油のローリー

アスファルト用
石油タンクローリー 1953 メータースタンブ  
石油の進歩 標語入り
石油輸送オイルタンカーへ パイプラインへ



indexへ

目次へ
目次