尖閣諸島切手(琉球切手) 
indexへ
COFFEE ROOM
尖閣諸島をデザインした写真付き切手の発行を日本郵政公社に要請していました。しかし、当時の郵政公社は「外交上問題がある」
として発行を拒否しました。参照COFFEE ROOM6
しかし、尖閣諸島を描いた切手は沖縄が返還される直前の1972年4月14日に海洋シリーズ第三集「海鳥と海と鳥」をテーマとした切手「アホウ鳥と尖閣の海と南小島」切手として発行されていた。その後の三日後の17日に
「沖縄返還協定批准記念切手」さらに3日後の20日には琉球切手最後の切手「切手趣味週間切手・嘉瓶」が発行されている。
復帰を記念して「守礼門切手」が発行された。この切手は投機対象となったことで知られている。
この第三集「海鳥と海と鳥」の発行には秘話があった。
『尖閣研究ー高良学術調査団資料集 上下』尖閣諸島文献資料編纂会編の下巻246頁にその秘話が書かれている。
尖閣諸島文献資料編纂会 主宰吉真古氏から情報を戴いた。
その文献によると、アホウ鳥は絶滅したと思われていたが1971年に琉球大学調査団が尖閣諸島の南小島でアホウ鳥が棲息しているのを発見した。地球上で小笠原の鳥島と尖閣諸島だけにしか棲息せず驚天動地の快挙だった。
日本復帰直前の沖縄にとって大朗報だった。
 米軍統治下の沖縄では琉球政府郵政庁が独自の切手を発行していた。
1972年5月15日の復帰の日で琉球政府は消滅、琉球切手も消滅する。
アホウ鳥はその幕引きを飾るのに相応しく、琉球政府郵政庁がその切手の発行を企画した。
しかし、当時は復帰直前、外交交渉は紛争し、日米両政府とも尖閣問題で神経ピリピリであった。
(米国政府は当初返還協定内に尖閣諸島を含めるのを渋っていた)
海洋シリーズ内3集「海鳥と海と鳥」のテーマでカムフラージュし米国の審査をパスさせた。
琉球政府郵政庁の切手発行の機能を有している間に「海鳥と海と鳥」の切手の発行を成し遂げた。
原画をデザインしたのは琉球大学教授安次富長昭画伯である。
尖閣諸島南小島の弾劾中腹の岩棚は南小島の写真と航海中に甲板に飛来したアホウ鳥を捕獲・剥製にしたものを
参考に描いたという。
当時の郵政人の心意気と切手発行の顛末を語り得る人は今はいない。
閑話休題(:下巻246頁より抜粋)


『尖閣研究ー高良学術調査団資料集 上下』 尖閣諸島文献資料編纂会
 発行・データム・レキオス・価格5040円

                                                     

尖閣諸島は日本固有の領土
      尖閣諸島周辺の海底が有力な石油資源が埋蔵されていることが予測される為に中国が権利を主張しだした


972年4月14日発行
さくら 海洋シリーズ
三種の内の226
224 夕陽と島
225 サンゴ礁



感謝状の写し
琉球郵政庁 復帰直前発行
ここに描かれている岩棚は尖閣諸島南小島である。
また、海鳥は南小島固有のアホウ鳥である。
シナ海の尖閣諸島が日本固有の領土であることを公式に認めていたことを裏付ける史料が石垣市役所に保管されていることが1996年9月22日までに明らかになっている。
保管されている「感謝状」の写しには、中国が尖閣諸島を日本の領土と認めている。こうした資料が中国の主張を崩す資料となればよいのだが。
以下内容

中華民国8年(大正8年)の冬、中国の福建省恵安県(現・泉州付近)の漁民、郭合順氏ら三十一人が遭難し、日本の尖閣列島(現、尖閣諸島)にある和洋島(魚釣島)に漂着した。石垣村の玉代勢孫伴氏(後の助役)が熱心に看病し、皆元気に生還することが出来た。こうした感謝に堪えず感謝状を贈る



目次
ボタン
indexへ

アフター型タンカーへ 尖閣諸島・写真切手発行拒否へ