環境破壊・オゾン層破壊

indexへ

オゾン層の破壊は熱帯を除く世界全域に及んでいます。近来、地球温暖化が一因とみなされる異常気象が頻発しています。
オゾン層は太陽からの有害紫外線を吸収し、生物の陸上生活が可能となって今日にいたる生命の
進化につながっているといわれています。
このオゾン層が現在どんどん破壊されています。
オゾン層が破壊されますと、有害な紫外線の地表への到達量が増し、健康影響や、生態系へ悪影響を引き起こすことが
懸念されています
なぜオゾン層が破壊されるのでしょうか。
現在オゾン層を破壊しているフロンガスは約15年前のフロンガスだといわれています。

オゾン層の破壊については、石油、石炭などの化石燃料の使用が直接的な要因ではありません。
フロンガスは他の気体と比べて重い為に成層圏に達するには15年かかるといわれています。
現在、オゾン層を破壊しているのは、いままでに生産され放出された総利用の
10%のフロンガスによるものだとされています。
オゾン層は紫外線を吸収する際に周辺の空気を暖める効果があり、オゾンホールが成層圏気温を下げてさらにオゾン破壊を促進する悪循環を引き起こしていると思われます。
オゾン層の破壊が続いて、大気汚染、地球温暖化により甚大な被害がおこると私たちは覚悟する必要があります。

切手により具体的にオゾン層破壊による有害紫外線の被害を警告しています。

オゾン層イメージ図 オゾン層イギリス児童画 地球と児童アルゼンチン 温暖化の要因パナマ
オゾン層が破壊され太陽光線が直接影響する。
児童の絵画
地球環境問題から児童保護を訴える 生産活動により地球が汚染されていく。
イギリス アルゼンチン パナマ
紫外線の直射キリバス オゾンホールクロアチア 南極上空汚染度
オゾン層が破壊されが破壊される
メカニズム
中部電力様の地球環境問題HPから引用しました。ありがとうございます。
「熱が温室効果により閉じ込められます」と印面に書いてあります。 大空にポッカリと穴が開くオゾンホール誕生 南極の上空のフロンによる汚染度
キリバス クロアチア 英領南極

オゾン層破壊物質とは

982年に日本の南極観測隊が、オゾン全量が異常に少ないことを発見しました。
これが後にオゾンホールと呼ばれるようになりました。このオゾンホールの原因がフロン(CFC等の総称)の
大気中濃度の増加であるということがNASAの観測で確認されました。

オゾン破壊物質のフロンとは炭素、フッ素、塩素、水素の化合物の総称であり、安定していて無害、不燃性であることから、電子部品等の洗浄剤、エアコン等の冷媒、断熱材を製造する時の発泡剤など、
私たちの日常生活の中で広く使われていました。
冷蔵庫、エアコンの回収につい問題になりましたのでご存知の方もおられると思います。
あの家電がオゾン層破壊の元凶の一因でもあるのです。便利さの代償といえるでしょう。
フロンには、CFC,HCFC,などの種類があります。特にCFC(クロロフオルオロカーボン)
はオゾン層破壊する力が強い物質です。HFCはオゾン層を破壊しませんが、
CFCと同様に地球温暖化の原因の物質です。

オゾン破壊物質の各国の排出量をみてみますと、上位3ケ国はアメリカ、日本、イギリスの順で、全体の50%を占めています。

地球温暖化

地球温暖化とは二酸化炭素などの温室効果をもつ気体の大気中の濃度が上昇し、気温の上昇を招く現象をいいます。
地球の表面温度は、大気中の二酸化炭素、メタンガスなどにより、生命にとって住みやすい環境に保たれています。
これらのガスには、太陽によって温められた地上の熱を逃がさない役割があり、これらのガスを『温室効果ガス』といいます。ビニールハウスの温室を連想してください。
私たちの住むこの地球の平均温度は平均15度です。
もし『温室ガス効果ガス』が無かったら、地球の平均温度はマイナス18度にもなってしまうといわれています。
この二酸化炭素は大気中の成分はわずかですが植物の生存には不可欠です。
つまり、人間にとっても不可欠な存在なのです。
しかし、化石燃料の急激な増大は、大量の二酸化炭素を大気中に排出し、自然界の炭素バランスを崩します。どんどん気温が上昇していくとどうなるでしょう。
実際、南極の氷山が溶け海面が上昇しています。また、エレベストの氷河が消滅とています。
南の小島が海面下に水没する恐れが現実味を増しています。
一定のバランスが崩れ気温が上昇したときき自然界の崩壊が始まります。

温室効果イメージ
大気中に炭酸ガスやメタンは、太陽からの熱を地球に封じ込める働きがあります。その温室効果のイメージイラスト。
このイラストは、SANYO Electric.Co様のHPの引用です。有難うございます。
れが日本の切手地球温暖化防止の切手です。
京都会議のホスト国です。他国の環境への具体的な訴えと較べて、デザイナーの自己満足でしかありませんね。
切手の持つ役目を考えて発行して欲しいものです。
地球温暖化会議
母なる海 母なる大地

「氷山が氷河が」溶ける!

極論ですが極地の氷がすべて溶けたら海面は72m上昇するといわれています。
今日の温暖化のスピードでは2100年までに約35cmから95cm海面が上昇するといわれています。
エレベストなどの高山やグリーランドなどの氷河、氷床なども溶けますので海面の上昇は大きくなります。
尚、氷山は溶けても水位には関係はありません。また、人為的な温暖化だけで全ての氷は溶けるとは考えられませが
しかし、現状のままでは、平均温度1度から3度の上昇は避けられないとされています。
海面が1m上昇すると海岸線の後退が生じますので早急な対策が必要です。
水没する南の小島もあり深刻な問題に直面している国もあのます。これも、石油文化による環境破壊の代償です。
温暖化調査 氷河溶解1974 氷河溶解1994 氷河溶解1998
南極の氷床の溶解による海面上昇の危機を訴える エレベストにおける25年間の氷河の後退
モルティブ 1974年 1994年 1998年

オゾン層の調査

オゾン層の調査が本格的に行われています。
飛行機でのオゾン調査 極地での大気調査
成層圏でのオゾン調査 南極でアドバルーンによる大気調査
モルティブ諸島 仏領南極
環境破壊・酸性雨環境破壊・酸性雨へ戻る


目次へ

目次へ

indexへ