環境汚染・海洋

indexへ

タンカーの航行や海底油田開発、これらの事故により海洋汚染が進み、海洋生物などに影響がでます。
工場廃水や生活廃水など油濁汚染ばかりでなく、化学物質による汚染も深刻です。
油井の炎上は、大気汚染物質とは別に膨大なのチリや黒鉛を排出し、地上から10km以上の上空の成層圏まで達し『核の冬』現象が生じ寒冷化することになります。
湾岸戦争では、当初、イラクにより爆撃された油田は少なくとも1年半は燃え続くと予測されましがアメリカ、カナダの鎮火チームが懸命に活動に勤めた結果1991年11月6日に鎮火しました。
湾岸戦争における故意の原油放出、原油貯蔵タンク爆撃による流出により原油のプールがいくつもでき、又、流出した原油が海岸線を覆い海鳥や海洋生物に深刻な影響を与えました。
砂漠に浸透し砂漠に残された生物も死滅しました。
映像で映し出される生物の被害は記憶に残るところです。『戦争こそ最大の環境破壊である』ことを立証しました。

油田開発による汚染・油田開発には、油濁汚染の他に環境をも破壊します。
調査船による海洋汚染 海洋汚染船舶・油井 海洋汚染カスピ海 海洋汚染・油濁
海底油田石油掘削調査による汚染 海洋油井・船舶による汚染 カスピ海海洋デリックによる汚染 海洋の油濁地域
コートジボアール スペイン アゼルバイジァン ドイツ
油田・タンカー火災は大量の原油が流出します。
海洋汚染・海洋デリック タンカー事故 船舶事故
北海油田事故 客船火災 タンカー火災
カナダ リベリア トリニダドトバコ
戦争における油田攻撃は、相手国に打撃を与えるだけでなく、地球規模の環境破壊に繋がる恐れがある。
油田爆撃・カーグ島 油田爆撃・クフェート
イラン・イラク戦争カーグ島爆撃による油田火災
環境切手として発行されている
湾岸戦争におけるイラクによるクウェ-ト油田爆撃
当初、1年有余は火災が続くと
予測された

原油流出により犠牲になった海洋生物
絶滅生物・海がめ 海洋汚染・魚 海洋汚染・ペンギン 海洋汚染・海鳥 地球汚染・油に覆われた地球 犠牲になったアザラシ
絶滅が恐れられている海がめ 魚類への汚染を描いている 油にまみれた痛ましいペンギン 汚染された海鳥
が哀れ
地球が油で汚染されている 犠牲になったアザラシ
ニューカレドニア モナコ アルゼンチン モナコ ロシア・ソ連時代 アラブ首長国

海洋の汚染度合いを示す
環境汚染度1 海洋汚染度・グラフ
魚の変化で示す 汚染度合いをグラフで表現


大気汚染へ 大気汚染へ戻る 酸性雨へ酸性雨へ



目次へ

indexへ