石油年表2(2002年)

indexへ

21世紀海外石油動向

2002年 平成14年主な出来事

石油業法廃止
「悪の枢軸」
原発ドラブル隠し
拉致の5人帰国

月日 世界石油業界の動き
1月1日 ベネズエラ、新炭化水素法を施行(石油産業への国家支配強化)
1月16日 API、米国の2001年の石油需要は10年ぶりに前年を下回ったと発表
1月17日 英領北海の2001年石油生産量が過去8年間で最低の220万b/dになる
3月1日 ベルギー、2025年までに同国の原発を全廃する方針を決定
4月9日 ペネズエラ国営石油会社の労働者がストに突入。石油輸出量が260万b/d140万b/dに減少
5月15日 2002年第一四半期のロシアの原油輸出量は349万b/dで、史上最高水準
5月24日 米ブッシュ。露プーチン両大統領、エネルギーパートナーシップに合意
8月20日 NYMEX,WT130ドル台に上昇(イラク混乱懸念など)
9月19日 OPEC総会、現行生産2.170万b/dの継続(於:大阪)
9月21日 第8回国際エネルギーフォーラム開催(於:大阪)(20003年12月リアド大臣会議開催((於:大阪))
10月1日 第1回米露エネルギーサミット開催(於:ヒューストン)
12月12日 OPEC総会、生産上限量を131万b/d引き上げ
12月18日 ベネズエラ国営石油会社、同国の原油生産量約40万b/dと発表
ー中国の石油消費量、日本を抜き世界第2位へ


海洋汚染へ 石油年表 2001年 石油年表2003年 nextボタン



目次
目次へ

indexへ