COFFEE ROOM
コーヒー 世界遺産古都奈良を環境破壊のネタ話にするのは、恐れ多いのですが、お許しくだされ。   お詫び

環境破壊・春日山の芝山誕生の秘話                                   ホームへ

奈良を代表するものの一つが東大寺の大仏様です。身の丈五丈六尺(約16m)あります。
使われた銅、錫が500トン。鋳造には莫大な量の木炭が使われました。木炭の産地は定かではありませんが、
大仏殿が若草山の西山麓を切り開き、谷を埋めて造られましたので、若草山の木をつかったともいわれています。
又、当時の塗金は金を水銀に溶かし塗布した後で、炭火で水銀を蒸発させる工法がとられました。

この塗金は水銀2.5トンと金440kgを使用しました。この精錬所により有害ガスが発生して公害が生じたと思われます。
この木炭の為の木材の使用と水銀による公害で春日山一帯は現在の芝山になったという説があります。
古都 奈良の春日山の風景も環境破壊によるなんってイメージぶち壊しですね。

世界遺産シリーズ 7集 古都奈良の文化財

環境破壊の元祖か

鹿の戯れるこの芝山が、木々が伐採され、銅、錫の精錬による公害で誕生したとは


海洋汚染へオゾン層破壊へ戻る


INDEX・目次に戻る

ボタン

ホームへ