尖閣諸島・切手発行拒否

indexへ

COFFEE ROOM
コーヒー

石油資源が原因

日本郵政公社は、竹島写真切手の拒否と同じく尖閣諸島、北方領土の写真切手の申請を外交上相応しくないという
理由で拒否しました。ここでは、申請され拒否された尖閣諸島の固有領土を
周知する葉書を紹介します。
尖閣諸島は東シナ海に浮かぶ我が国固有の領土で、魚釣り島、久場島、沖の北岩、沖の南岩、南小島、大正島の八つの小島と岩礁からなる国際上の島嶼であります。 一番大きい魚釣り島まで、沖縄本島より東へ410km、石垣島から北北西へ170km、
台湾からは石垣島と同じく170km、中国大陸までは330kmの位置にあります。
この小さな諸島の領有権問題が浮上したきっかけは次の通りです。
1968年10月12日から行われた学術調査により、東シナ海の大陸棚しは、石油資源が埋蔵されている可能性があることが判明したこれが契機になって、尖閣諸島がにわかに関係諸国の注目をあつめることになった。
その2年後に、台湾と中国が相次いで同じ諸島の領有権を主張しだした。石油があるとの発表がなければ、
                           これほど問題がこじれなっただろう。                          
                                                      
尖閣諸島位置図 魚釣り島 全景

魚釣り島 全景
明治29年ころにはカツオ節や海鳥の剥製等の製造が行われており船着場や工場の跡が今も残っています。
尖閣諸島の位置図
第11管区海上保安部のサイト を参照
釣り島 横約3550m縦約1330m。海抜362m
奈良原岳という山がある。元沖縄県知事の名前です。

尖閣諸島・日本国領土周知する宣伝葉書

 切手の発行は、拒否されたが日本人として政府に代わって、日本国の領土の主権は主張しなければなりません。

尖閣諸島の葉書

手前が南小島、遠景に望むのが魚釣り島
尖閣諸島・魚釣島の所在地はは石垣市八重山の登野城です。現在は埼玉県の実業家栗原国起氏の所有でです。詳細は(http://akebonokikaku.hp.infoseek.co.jp/)による
八重島局差出・ 尖閣諸島の日本国固有の領土を
周知する宣伝葉書です。
アフター型タンカーへ 竹島切手へ 北方領土 切手・風景印 石油輸送 アフター型タンカー

                                          

 目次へ

ボタン
indexへ