indexへ

劣化ウラン弾

劣化ウランとはなに? けして、核兵器を目的としていません

切手については、湾岸戦争を参照願います。劣化ウランという名前からしてなんとなく不吉な感じがする。そのはず核物質の生産過程から排出されるゴミなのです。
つまり産業廃棄物の再資源化で時代にマッチした先端技術だそうです。
大阪弁で言わしてもらいます。
『そんなあほな』 

劣化ウランとは ウラン鉱山から採掘した天然ウランは、濃縮過程の中で、まず核兵器や原子力発電用の燃料となるウラン235(U235)と、低レベル放射性廃棄物となるウラン(U238)に分離されます。
高レベル放射性同位元素のU235は、全体の1%で残りは殆どがU238です。 この大量に生み出されるこの金属物質を『劣化ウラン』と呼びます。
偏見のないように 誤解されやすいが、劣化ウラン弾というのは、決して核兵器を意図したものでは、ないというとです。ウランと云うだけで私たちは核アレルギーになりますが、天然ウランの99%は放射能のないただの金属なのです。核燃料となる放射性のウラン235は約1%にすぎないのです。
『劣化ウラン』という訳は、depleted uranium のdepleteというのは鉱山などからウランを掘り尽し、廃坑にするという意味なのです。しかし、しかし、完璧に分離できないのでウラン238にも極微量の放射性ウランが残ります。1000分の1%位とか。
だから劣化ウランで作った金属そのものは危険でありません。しかし・・・・・・・
その特性 劣化ウランは鉄の約2.5倍、鉛の約1.7倍の比重があります。重さの代名詞として{鉛}が挙げられますが、劣化ウランは、その鉛より2倍の密度がありコップ一杯の水(200g)と同じ容量とすると約4kgになります。コップ一杯のチュ杯が4kgとは想像できます?。
このように容積が小さく密度が大きいのはコンパクトに利用できる利点があります。
理解できますか。つまり潜水服の錘には便利かなぁ・・例えが悪いか・・・。
用途は平和利用なら このように少量で重量があるのですから、飛行機のおもり部品など重量の必要な部分に利用価値はあります。ですからメッキもはげずに原型を止めている限り特に危険もなく有効な資源といわれています。一時PCBが絶縁体として20世紀最大の発明品といわれ、一転有害物質の元凶となったようなものです。平和的に利用されている限り問題はないのですが、「オットどっこい」世の中平和的利用ばかり考える人ばかりでは、無いのです。困ったことです。
弾頭芯への利用 米軍部は、この特性を戦車を破壊する砲弾へ使うことを考えました。
この金属を砲弾の弾芯に利用すると強い運動エネルギーが得られ、頑丈な戦車でも貫通するのです。戦車内部を跳ね回り兵士や電子機器類を破壊するのです。しかも、貫通時の衝撃で高熱を発して燃焼し、戦車内の兵士を殺してしまうのです。
以前は、タングステンを使っていました。しかし、コストがかかるのです。
『劣化ウラン』なら10分の1くらいの価格ですから安いのです。
コストダウンを図ったのです。廃棄物の有効利用です。「提案」の最優秀賞とか。これ冗談
人体への影響 120ミリ砲の場合、劣化ウランの貫通体の重量は約4700グラム、30ミリ砲で約300グラムです。衝撃による燃焼(1200度で発火する)で、このうち70%〜20%が酸化ウランの微粒子となって大気中に飛散します。
厳重に密閉して永久保管すべき核のゴミを、景気良くばら撒くのですから結果は云わずともです。いったん酸化ウランの微粒子を体内に吸い込むと肺などにたまり、放射線のつよい化学毒性により癌など健康障害を起こすと言われています。
後遺症 湾岸戦争後、帰還兵やその子供に奇病が発生していますが、これが劣化ウランの後遺症でした。女性兵士キャロル・ビコーさんは脳障害・甲状腺異変に襲われ、彼女には甲状腺の無い子供が生まれています。(毎日新聞より)
 イラクの子供たちにも奇形児・先天性欠損児、白血病・癌が多発しています。
 この写真はテレビや他のマスメディアで報道されご存知方も多いとおもいます。
その惨状を切手にしたのが「この項目のトップページ」に紹介しています。
ベトナム戦争の枯葉剤ダイオキシンに匹敵しています。

切手を通じて世相を知ることが出来ます。石油に関係した出来事を、世界から発行された切手で紹介していきます。
 
  
産油国の石油戦略石油輸送セパレーター型タンカーへ

目次に
目次へ

indexへ