環境破壊・酸性雨

indexへ

酸性雨は、石油や石炭の燃焼など人間の活動により排出されるSOx、NOxが大気中で硫酸塩や硝酸塩になり、
雨や雪に取り込まれて生成されます。
原因としては、人間の生活活動以外に大規模な山火事等の自然災害、戦争による油田火災も大きな影響を与えます。
一般にはpH(水素イオン濃度)5.6以下の雨のことをいいます。欧州では湖沼や文化財への被害が見受けられ、
河川が酸性化され魚類への影響を与えるほか、大理石の文化遺産も被害を受けています。
酸性雨が原因と考えられる森林の衰退も報告されています。
酸性雨は、数千キロも離れた地域へ越境移流により影響を与えます。
わが国に降る雨は中国の影響が大きいといわれています。
環境庁の調査によりますと年平均pH4.5〜5.8の降雨が観測されています。

酸性雨 スエーデン
石油をエネルギーとする工場・自動車からの煤煙、有害ガスが排出され酸性雨になって降雨する過程が描かれている。日本の切手に注文をつけるなら、環境保護で酸性雨防止、地球温暖化防止運動ならスエーデンを始め他国に見習ってここまで具体的に描いて切手の持つ『啓蒙』の役目を果たしてもらいたいものです。
地球温暖化防止の京都議定書記念切手参照

他の諸国の環境に対する考え方が分かります。美しい花、植物が酸性雨により朽ちる様子を具体的に描いています。

                                                                

ロシア イラン イギリス トルコ

世界遺産の破壊

酸性雨により、アテネのバルテノン神殿やローマの遺跡などの文化財に影響がでています。
ノールウェイで2500の湖沼で魚が死滅し死の湖水とかています。
アラブ首長国 ギリシャ ブラジル オランダ

自然の消滅

環境破壊により自然が失われていく。各国は具体的な表現で訴えています。
コートジボアール ガーナー イタリア ニューカレドニア シエラレオネ
酸性雨による自然破壊
性雨により美しい自然から緑が消滅していく過程を連刷切手により表現している。汚染源として車が描かれている。オーストラリア発行の説得力ある切手です。

海洋汚染へ環境汚染・海洋へ戻る オゾン層破壊nextボタン

INDEX・目次に戻る

目次へ

indexへ